乳酸菌サプリの子供への効果と選び方

さまざまな効能を持ち、話題になっている乳酸菌サプリですが、子供が摂取した場合のメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

大人が摂取した場合、アレルギーや便秘などの症状を改善する効果が期待できると聞くことがよくありますが、子供が摂取した場合でも同様の効果があります。

さらに、年々患者が増加傾向にあり、治療が難しいケースもあるアトピーに対しても改善の効果が期待できるようです。

では、どのようなメカニズムによってその効果が生み出されるのか、順を追って確認してみましょう。

「第二の脳」といわれる程重要な腸

まず、腸は第二の脳とも呼ばれ、幸せな気分を保つ「セロトニン」をつくりだし、また、腸内細菌により免疫機能を果たす重要な役目を負っています。

その腸内の環境を整えるのが乳酸菌の大きな効果ですが、ひとえに乳酸菌といってもその種類は実に250以上にも及びます。

大きくは「植物性」と「動物性」に分かれ、具体的な食品としては、しょうゆやみそ、漬物などが植物性、チーズやヨーグルトが動物性になります。

菌種は500~1,000ともいわれ、それぞれに異なる効能があります。

通常であれば、普段の食事から摂取することになりますが、どうしても補う必要が出てきてしまうときがあると思います。

そんな時に頼りになるのが乳酸菌サプリです。

欲しい効能に合わせて製品を選ぶことができるため、その効果はとても大きなものになるといえるでしょう。

では子供に対してはどのような選び方をするのが良いのでしょうか。

子供に飲ませたい乳酸菌サプリの選び方

まず、継続して飲むことが健康を維持する上でも重要な要素となるため、経済的な負担を少しでも抑えられるよう、お求め安い価格のものを見つけることが大事だといえます。

本当にお子さんに必要な効果を見極め、廉価にて購入ができるよう、インターネットやドラッグストアの情報のチェックは欠かさないようにしましょう。

子供におすすめの乳酸菌とは

次に、子供におすすめの乳酸菌の種類とその効果についてご説明します。

子供は季節や成長の時期によってどうしても体調を壊しやすい時があります。

例えば風邪をひいてしまったり、便秘や下痢になってしまったり、そんなときには免疫力を上げ、便秘の解消にも効果のある「ビフィズス菌BB536」がおすすめです。

また、前述のアレルギー症状やアトピーに対して効果があるといわれているものが「フェカリス菌」です。

他にも挙げればキリがありませんが、これらのサプリをお子さんが摂取されても、薬のような副作用のリスクはほとんどないといえます。

過度の服用は避け、ぜひとも上手に活用し、お子さんの健康をより強固なものにできると良いですね。